こういったお悩みありませんか? ~溶存酸素計~

DO計(溶存酸素)をご使用のみなさま、こういったこと感じた経験ありませんか?

まずメンブラン(隔膜)と電解液をセットするのが手間。そして定期的な交換が面倒。せっかくセットしたのに気泡とかの影響でやり直すのがストレス。おかげで消耗品のコストがかかる・・・

メンブランはセットできたとしてウォームアップの時間が退屈。なかなか測定に辿り着けないぞ。

さて測定。一定の流速が必要なので、特に流速がない時には測定値が安定しづらい・・・

20mg/L(ppm)ぐらいまで測定できる製品が多いけど、もっと広い範囲をカバーしてるものはないのかな?ナノバブル水などの測定に対応できるDO計を探しているんだけど・・・

不純物の多い水や油分を含む水を測定するのに、安定性や信頼性の高さが欲しい。

基本的に野外に持って行って測定するから、なるべくスリムなケースに全部入ると便利。

これらのお悩みを解決できるオススメの製品があります。
上記で1つでも共感された方はぜひチェックしてみてください!
それがNEW製品、蛍光式のDO計です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です