魚釣れず、心折れる。

先日、個人的には久しぶりの釣りに行ってきたのでそのお話を。場所は以前のブログ(釣り、やってます。)でも書いた、福島県の「那須白河フォレストスプリングス」。人気の管理釣り場で今回もトラウト、バンバン釣り上げます。

紅葉の時期も絶景

前回は3月に行き、まるで海外の自然の中にいるような雰囲気に驚きましたが、紅葉の時期もステキです。

水面に映る紅葉が美しく絵に描いたよう。

空も晴れ渡り紅葉が映えます。

あとは釣るだけ!

朝7時のオープンとともに釣り始めます。この日は少し渋く午前中は4人で4匹。(釣り部長2匹、釣り部長の奥さん1、私1、鱒レンジャー0)※鱒(ます)レンジャーの由来は前回の記事をとはいえ、大切なのは「キープ キャスティング」(キャストし続けろ)by 田辺哲男氏。みんな考え試しながら黙々と投げ続けます。

鱒レンジャー、寝る

そんな中、ふと気付いたら寝転んでる人を発見。

完全に仰向けになってます。

もうちょっと近づいてみましょう。

もっと近づいてみます。

我が友、鱒レンジャーです。釣れなくて暇になったのでしょうか?今日、まだ1匹も釣ってないのに余裕です。大丈夫なのか?

放流ターイム

そのうちに待ちに待った放流タイムがやってきました。時間は決まってないですが、1日1回魚が放流される時があります。この時間は狙い目です。実際には10分、15分ぐらいの間でしょうか。ここぞ!とばかりに釣り部長が6匹ほど釣り上げます。おー、さすが!やっぱ上手だなぁと感心しつつ私も魚を掛けますが、こういう時に限って仕掛けを取られ時間ロスに。結果、放流タイムをものにできず・・・。一方、鱒レンジャーはちゃっかり1匹GET。

実力通りの結果に

終わってみれば、釣り部長と奥さんで15匹ぐらい、私と鱒レンジャーが1匹ずつという結果。最終的には実力が出るものですが、鱒レンジャーと並んで1匹は完全なる予想外。ボウズではないとはいえ、さすがにショックで心が折れました。

次回は年明けの真鯛船!!

そんなわけで、この悔しさを晴らすため次は真鯛船に乗る予定です。2019年、幸先の良いスタートを切るべく、良型の真鯛を釣り上げ写真をアップするつもりですのでご期待ください。

最後に併設のカフェ情報。前回はジャンバラヤを食べ感動しましたが、
今回はフィッシュ&チップスにチャレンジ。味、ボリュームともに満足。
行かれる方、こちらもオススメですよ。

この記事の関連ページ
最近、養殖関連のお話多いのでご興味ある方はどうぞ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です