×
   

会社概要

ハンナ インスツルメンツとは

ハンナ インスツルメンツ(以下ハンナ)はアメリカに本社を構えるイタリア発祥の水質測定器メーカーです。pH、導電率、残留塩素、自動滴定器などの水質測定器および各種電極、試薬などをすべて自社で製造し、30ヶ国以上で販売とサービスを行っています。

「最先端の技術」を、「使いやすい商品」にして、「お求めやすい価格」で提供することはハンナ インスツルメンツの基本理念の1つです。ハンナ製品は大学/ ラボ/ 教育機関、食品/ 飲料、農業/ 水耕栽培、工場/ 排水、養殖/ アクアリウム、プール/ 温泉、環境調査など世界中の様々な分野でご使用いただいています。

ハンナの特長:革新的な技術力

1978年に北イタリアのパドヴァで創立以来、優れた技術力により水質測定の分野をリードし世界でも有数の電子分析器メーカーに成長してきました。1986年に発売したポケットタイプpHテスター“pHep”(ペップ)は、それまでリトマス試験紙に頼っていたpH測定をデジタル表示で簡単に測定できるようにした画期的なもので、“pH計”の代名詞となるほど親しまれました。そして現在に至るまで多くの“世界初”の製品を生み出し続けています。

ハンナの特長:信頼の世界品質

ハンナ製品の多くはISO 9001、14001を認証取得した先進の製造施設(ルーマニア)で製造されています。すべてのハンナ製品はCEマーキング(ヨーロッパ地域での法的適合マーク)の認証を受け、またRoHS(Ⅱ)指令に適合しています。(RoHS指令:人の健康や環境保護のため、電気・電子機器に対して特定の有害物質の使用制限に関するEUの法律)

製造施設は100エーカー(40万平方メートル:東京ドーム約8.5個分)という広大さで、製品の研究/デザインからガラス電極の製造、プラスチック射出成形、電子部品組立て、最終組立て、最終品質検査まですべてを行っています。このため製造過程におけるすべての段階で品質管理を行い、最終的に高品質の製品を世界中のお客様にお届けしています。

ハンナ・ジャパンについて

ハンナ インスツルメンツ・ジャパンは1988年の創立以来、日本国内でのハンナ製品の販売、サービスを行っております。

「商品とサービスの提供を通じてお客様に満足して頂くだけでなく、様々な場面で測定器が使用され、正しく管理されるよう広く周知していくことで社会に貢献する」

ハンナ・ジャパンの使命(ミッション)を果たすべくお客様ファーストの姿勢を貫きます。

サービスNo.1を目指して

ハンナ・ジャパンは国内の水質測定器メーカーの中でサービスNo.1を目指しています。お客様が安心してご使用いただけるサポート体制に取り組んでおり、製品ご購入後ユーザー登録をしていただいたお客様に対してご希望により

・電話またはE-mailでのサポート
・測定器が不調の場合の無償点検
・修理等国内でのスピード対応

など独自のサービスに努めております。

会社名
ハンナ インスツルメンツ・ジャパン株式会社
所在地
〒261-0023
千葉県千葉市美浜区中瀬1-6 エム・ベイポイント幕張14F-EN
代表取締役
牧野 友宏
資本金
5818万6062円
電話番号
043-216-2601
FAX
043-216-2602
E-mail
sales@hanna.co.jp
事業内容
各種水質測定機器と消耗品の販売
その他サービス

 


大きな地図で見る

JR京葉線 海浜幕張駅より徒歩約8分