水道水や純水のpH測定のコツ

飲料水(上水や水道水)、純水、地下水や河川水などの環境水、ミネラルウォーターなどのpH測定を行われている方で、
なかなか測定値が安定しない
反応速度が遅く、とても時間がかかる
といったお悩みありませんか?
これらは一般的に導電率(EC値)が低く、pHを測定するのに「応答が遅い」「測定しづらい」と言われます。
それらを限りなく解消するため、ここでは導電率が低い水のpH測定におけるコツを2つ、ご案内します。

①使う電極で圧倒的な差が出ます!
②測定時のポイント

早速、①から見ていきましょう。


①使う電極で圧倒的な差が出ます!
まず、最も重要とも言えるのがpH電極選びです。測定器のご案内になってしまいますが、ハンナでは飲料水・低導電率水用のpH計(HI 99192D)を絶対的にオススメしています。


これがその本体、HI 99192D↑ なぜ絶対的にオススメかというと、
理由は特殊なpH電極(FC 2153)にあります。

特殊なpH電極とは?
トリプルジャンクションを採用

pH検知のための内部液が流出する液絡部(セラミック)が3つあり。
一般的なシングルジャンクションのpH電極では、1つの液絡部から
15~20μL/時
の内部液が流出します。それに対しこの電極
(FC 2153)では3つの液絡部から40~50μL/時の量になります。
トリプルジャンクションを採用しpHを検知しやすい状態を作ります。


高感度のガラス電極膜 & 増幅器


FC 2153の電極膜には低温用ガラスを採用。
一般用途に比べ電気抵抗が小さく、感度が高くなります。
さらに電極には増幅器が内蔵されておりノイズ誤差を低減。
これらは、素早く安定した測定につながります。

 
特殊なpH電極っていうけど実際どうなの?と思われる方へ。
ユーザー様とのデモや社内検証で反応の速さや安定性は実証済みです。ご興味あればデモ機(無償)でお試しいただけます。⇒ デモ機のご依頼はこちら


②測定時のポイント
①ではpH電極(本体)をご案内しました。次は測定する時のポイントです。

測定試料ですすいでから測定

同じ測定試料を2つ準備。
1つはすすぎ用、もう1つは実際の測定用に。
コンタミ(試料汚染)をなくし安定性につながります。


内部液の補充孔をオープン


測定時に内部液の補充孔を開けることは大切。
それにより圧力が加わり液絡部からの内部液の流出が安定します。


たっぷりの試料をスターラーで撹拌


pH測定においてスターラーでの撹拌も大切です。
流速を作り、応答時間を早め安定性を高めます。


イチオシの組み合わせ


HI 99192Dは持ち運びに便利なポータブル型のため、
スターラーは電極ホルダー付き(HI 181シリーズ)がオススメ。
電極を固定でき、作業効率がアップします。
HI 99192Dの製品ページはこちら
HI 181シリーズの製品ページはこちら

まとめ
今回は飲料水(上水や水道水)、純水、地下水や河川水などの環境水、ミネラルウォーターなど導電率が低い水のpH測定におけるポイントを2つ、ご案内しました。
反応速度を速め、安定性の高い測定を行うために、

pH電極は低導電率の測定に適したものを使い、

測定試料で1度すすぎ、内部液の補充孔を開け、

たっぷりの試料をスターラーで撹拌しながら測定する

ことをお試しください。
その上でご不明点やご相談などございましたら、お気軽にお問い合わせください。