養液のpHやEC、成分の測定

世界各地の農業・水耕栽培で活躍している測定器のメーカー、ハンナが養液(培養液)のpH、EC、成分(イオン)の測定に関する情報をお届けします。

養液のpHやEC、成分を測ることで何がわかるのか?

簡単にご説明すると、
pH作物にとって育ちやすい環境を知るために役立ちます。
EC養液中の肥料や塩分の量を知るために役立ちます。
成分ECでは把握できない養液中の特定の成分の量を知るために役立ちます。
以下にそれぞれについてもう少し詳しくまとめました。

pH(ピーエッチ、ペーハー)は酸性、アルカリ性の程度を0~14の値で表します。多くの作物や植物はpH5.5~7.0ぐらいを好みますが適正なpH値はそれぞれ異なります。養液のpH値が必要以上に酸性orアルカリ性に傾くと「肥料成分を吸収しにくくなる」「根が傷む」などの原因となります。土壌での栽培に比べ水耕栽培では養液のpH値が変化しやすいため、pH計で数値を管理することで作物や植物にとって育ちやすい環境を保つことができます。

EC(導電率、電気伝導度)は本来、電気の流れやすさを表しますが農業分野では肥料や塩分濃度の指標として見られます。肥料や塩分が少ないとECの値は低く、逆に多いとその分EC値は高くなります。ECはチッ素(N)、リン酸(P)、カリウム(K)などを含めた成分(不純物)の量を示し特定の成分量は把握できせんが、EC計で作物にとって適正なEC値を知ることで「安定した品質管理」だけでなく「肥料の節約」にも大いに役立ちます。

成分(イオン)は養液中のアンモニア態窒素や硝酸態窒素、リン酸塩やカリウムなど特定の成分を表し、どの成分がどれだけ含まれているを知ることができます。

 

ハンナのpH計、EC計、イオン計(吸光光度計)圃場(ほ場)の土壌診断養液管理肥料の分析造園塩害調査などで土壌や養液の状態を知るために活躍しています。水耕栽培(養液栽培)では安定した供給効率化などがメリットとして挙げられますが、そのためにも養液の管理が重要です。大規模での栽培を行われている企業はもちろん、個人の方でも測定器で管理される方は増えていますが、では実際にどういった測定器が使われているのか見ていきましょう!


オススメの測定器【pH、EC編】

使い方に合わせてご紹介します。
使い方1:測定器を持って測りたいポイントで測定
水耕ベッドの給液(入口)、排液(出口)付近やその途中の知りたい場所で手軽に測定できる、持ち運びに便利なタイプを3種類。

【1】pHとECをこの1台で
ポケットサイズのpH & ECテスター。養液や上澄み液のpHとECを同時に測れる優等生。便利な1台として人気です。そしてさらにスゴい機能が・・・それはpHとECを1つの標準液で校正できちゃうところ。普通はpHとECそれぞれ標準液が異なりますが、それを1回でやっちゃいます。従来のpH & ECテスター(コンボ)に比べ校正の手間と時間を半減、便利さ倍増。


画像をクリックすると詳細ページへ

 

【2】養液のpHとEC、さらには土壌ダイレクトpHも
1mケーブルの電極が付いたポータブル型。こちらも養液や上澄み液のpHとECを同時に測定。もちろん、1つの標準液でpHとECの校正できます。そしてなんと、電極を替えれば土壌ダイレクトpH計にも変身。この1台でいろいろできる驚きのスゴさ。従来のシンプルなpH & ECテスターも人気はあります。


画像をクリックすると詳細ページへ

 

【3】pHのみ、ECのみの専用器
pHだけ、ECだけで十分という方にはポケットサイズのテスターがオススメ。pHのみで交換可能な細径電極を採用したHI 98115、pHと温度を同時に測定するHI 98118、ECと温度を同時に測定するHI 98318。どれも小型で手軽に測定するにはもってこいです。

 

使い方2:測定器を設置して常時モニター
主に水耕ベッドの給液(入口)、排液(出口)に設置していつでも測定値をチェックできる壁掛けタイプ。

pH & ECを常時モニター
電源アダプターを接続しpHとEC値を常に画面表示。従来のpH & ECモニターに比べ、ぐーんとパワーアップ。アラーム機能によりpHやECの設定値(上限下限値)を外れたら画面と範囲外の測定値が点滅。ひと目で状況がわかります。さらに15分ごとに過去30日間のデータを自動で記録。最大値、最小値、平均値をいつでも見られグラフ表示も可能。これにより養液値の動き(傾向)を把握し養液の変化に対して対策を考えることもできます。従来のシンプルなpH & ECモニターも人気はあります。


画像をクリックすると詳細ページへ


ご存知ですか?とっても大切なpH電極のメンテナンス

pH電極は消耗・劣化するもので使用環境や保管環境によりその早さは大きく異なります。主に消耗・劣化に大きな影響を与えるのが①汚れ、②乾燥状態です。

汚れ
pH計をご使用される中で「校正ができなくなった」「測定値が安定しなくなってきた」など調子が良くない場合、その多くは土壌や養液の汚れや付着物による消耗・劣化が原因です。通常、使用後は精製水(または水道水)ですすぎますが定期的に強い洗浄力のある電極洗浄液を使うことが大切です。

左はガラス電極が透明できれいな状態。一方、右は汚れや付着物によりガラス電極にくもりが生じ、液絡部(pH測定のための電極内部液が染み出る部分)も詰まってきます。このままだと、どんどん状態が悪化し正しく測れなくなります・・・
そこで電極洗浄液の登場です。これを使えば汚れや付着物を除去し電極の消耗・劣化を最小限に抑えることができます。電極洗浄液(汎用タイプ)は測定後に約30分浸け置きするだけで大きな効果を発揮します。

画像をクリックすると詳細ページへ。使い方や詳しい情報あります。

ちなみに、養液の測定において電極洗浄液での洗浄は測定した日の最後に毎回行うことがベストです。ですが実際には難しい方もいらっしゃると思いますので、以下を1つの目安としてご案内しています。
毎日や週3日以上測定する場合:少なくとも1週間に1回を推奨
月に1、2回測定する場合:使用した日の最後に行うことを推奨

 

乾燥状態
農業に限らずガラスpH電極に共通ですが、pH電極は長く乾燥させると消耗・劣化を早めます。そのため使用後や使わない時には電極保存液での保管が大切です。電極保護キャップに少量の電極保存液を入れキャップをすることで湿った状態を保ち乾燥による消耗・劣化を防ぎます。


画像をクリックすると詳細ページへ。使い方や詳しい情報あります。

このように電極洗浄液での洗浄電極保存液での保管はとっても大切です。もちろん、ひと手間かかりますし少なからず消耗品のコストもかかります。ですが、一番の目的である養液の管理を適切に行うためにもpH計のメンテナンスはしてあげてほしいです。「標準液(校正液)でズレを正す“校正”は知ってるけど電極のメンテナンスはよくわからない」「洗浄液や保存液は使ったことがない」というお話はよくあります。電極のメンテナンスをする、しないではpH電極の寿命は確実に変わってきますのでご利用ください。(pH電極の特性上、適切な洗浄や保管を行ってもpH電極自体の経時劣化を防ぐことはできません。)


オススメの測定器【成分(イオン)編】

吸光光度計(イオン計)で測定しますが、まずは「何を測るか」「何項目測るか」で製品を絞り込めます。1台で複数項目を測りたい方と1つの項目で十分という方向けにご紹介します。

【1】この1台で養液を分析
養液専用の吸光光度計(イオン計)でアンモニア態窒素、カリウム、カルシウム、硝酸態窒素、マグネシウム、硫酸塩、リン酸塩を測定できちゃいます。(測定項目に合わせて専用の試薬を使用)卓上型なので大きさ気になる方多いですが、ご安心を。設置スペースはA5サイズ(A4の半分)という驚きのコンパクトさ。そして、性能に対するコストパフォーマンスも・・・
上の項目以外も測りたい方は同じシリーズの多用途向けがオススメです。


画像をクリックすると詳細ページへ

 

【2】単項目の測定に
測定したい項目が1つなら専用器をどうぞ。その中で校正機能があり高い信頼性を誇るポータブルタイプ世界初の小型で安価なデジタルチェッカーをご用意。使い方に合わせてお選びいただけます。


画像をクリックすると吸光光度計のページへ

 


まとめ:養液を測定する重要性

いかがでしょうか?
水耕栽培(養液栽培)において、
作物にとって育ちやすい環境を知るためのpH
養液中の肥料や塩分の量を知るためのEC
そして養液中の特定の成分量
を適切に管理することは健康的で高品質を保ち安定した供給、また効率化にもつながります。そして、そのために日々測定器が活躍しています。
ご紹介した測定器たちは「養液を測る」という目的でオススメの製品です。土壌の測定も気になる方は「土を測る」ページも併せてチェックしてみてください!ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせくださいね。
お問い合わせはこちらからどうぞ。