TOP > ハンナ インスツルメンツ・ジャパン株式会社/よくある質問

よくある質問


pHとは?

酸性、アルカリ性の度合いを表したもの。 0-14の数値で示し、0に近いほど酸性の性質が強く、14に近いほどアルカリ性の性質が強い。pH7は中性。 様々な分野でpH値の管理が必要とされており、pH測定が行われています。

pH電極のメンテナンス

pH電極は消耗品となっております。 測定物、測定頻度、使用環境などにより寿命は異なりますが、 日々のメンテナンスを行うことで状態を保つことができます。 メンテナンスには「校正」、「洗浄」、「保管」があります。以下の各項目をご覧ください。

校正とは?

測定器に基準となる正しい数値を読み込ませることです。 測定器は使用期間、環境などによってズレが生じてきます。 このズレを修正するために、決まった数値の標準液を使い、正しい基準値を読み込ませます。 正しい数値を測定するために校正は必ず必要になります。 校正頻度に関しては、取扱説明書等に記載してありますが、あくまで1つの目安となります。 測定対象物、測定の頻度、使用環境によって校正の頻度も異なります。
校正に使用する各種標準液はこちら

pH電極の洗浄、保管

以下の「pH電極のメンテナンス」をご覧ください。

 ・pH電極のメンテナンス
 ・電極洗浄液、電極保存液はこちら

反応が遅い、測定値が大きく動く

原因:主に電極の汚れ、電極の劣化や寿命
対処方法:電極洗浄液での洗浄
※但し、電極の劣化や寿命が原因の場合には、電極の交換が必要になります。

測定値が安定しない

原因:主に液絡部の詰まりや汚れ、電極内部液の量の減少、または電極の劣化や寿命
対処方法:電極の洗浄、電極内部液の交換
※但し、電極の劣化や寿命が原因の場合には、電極の交換が必要になります。

校正ができない

原因:主に電極の劣化や寿命による不良。
対処方法:洗浄しても直らない場合には、電極の交換が必要になります。

測定可能なもの、不可能なものについて

pH測定は様々な分野で行われています。当然、測定対象物も様々です。 ハンナ・ジャパンでも土壌や食品、皮膚用など、用途別のpH計を販売しておりますが、 電極の性質上、測定を推奨できないものや測定不可能なものがあります。 これらは電極の劣化や不良を招く原因となり、保証対象外にもなり得ますので、 ご購入前に販売店様、または当社のお問い合わせにてご確認をお願い致します。

導電率とその単位

導電率とは、電気の流れやすさを示すものです。 不純物が多いほど抵抗値が上がり、電気が流れやすくなります。その抵抗率の逆数が導電率になります。 ハンナの導電率では、ms/cm(ミリジーメンス パーセンチメートル)、μS/cm(マイクロジーメンス パーセンチメートル) で表示しています。μS/cmはms/cmの1/1000になります。 ハンナ・ジャパンでは、導電率計やEC(Electrical Conductivity)計という名前で販売しております。

標準液や試薬の保管方法

直射日光を避け、湿気のない冷暗所での保管をお願い致します。 特に粉末試薬は湿気が原因で中身が固まってしまうことがありますので、 保管には十分ご注意下さい。
粉末試薬の保管方法はこちら

標準液や液体試薬の有効期限

有効期限はラベルに記載してありますが、開封後は3ヶ月となっております。 開封後は早めにご使用いただきますようお願い致します。

残留塩素計で「LO」、「L LO」の表示が出る

1つ目は、9Vアルカリ電池を使用しているかご確認ください。マンガン電池の場合に起こることがあります。 2つ目は、ガラスセルまたはガラスセルをセットする部分(本体のくぼみ)に汚れやキズがあることが考えられます。 付属の布(セットのみ)または柔らかい布で拭いて下さい。 それでも解消されない場合、本体のセンサー部分の原因も考えられます。
※但しHI93シリーズ、HI95シリーズは修理対応が終了となっております。 現行機種HI96シリーズへの買い替えのご案内をしております。 ご不明な点に関しましては、お問い合わせいただきますようお願い致します。

点検・修理に関して

以下をご覧ください。

 ・点検・修理に関して