【レポート】10月13~15日、農業Weekに出展しました!

ハンナ・ジャパンは2021年10月13-15日、日本最大!農業・畜産の総合展である農業Weekに出展しました。幕張メッセで開催されたこの展示会には、農家の方をはじめ農業法人やJAの方など多くの方が来場されました。


農業weekレポート/展示会の様子

3日間で延べ27,456人の方が来場した農業week。ハンナのブースは農業資材EXPO入口からエスカレーターを降りてすぐの好立地。そのおかげか初日からスタッフ全員がフル回転となりました。

今回の展示会ではソイルテストブラザーズの実演展示を2カ所に増設、その甲斐あってか多くのお客様に土壌のpH・EC測定を体験いただけました!
農業weekと題した展示会でしたが、農家の方以外にも肥料メーカーの方や、事業として農業をスタートしようか検討されている大手企業担当者などバラエティに富んでいたのが印象的でした。


注目された測定器とは?

上でもご紹介したソイルテストブラザーズがやはり1番人気。土壌のpH・ECを、ボタン1回押すだけで、小数点第2位まで測定できる点は高評価でした!

次に多かったのが多項目の吸光光度計。普段は測定を業者に委託されているお客様がその場で計測できる手軽さ、また60項目以上に対応しており様々な土壌成分を分析できる汎用性についても興味を持たれていたのが印象的でした。

そして液肥を自動で管理するコントローラー(肥料管理くん)。社内ではマイクロファーミングで使用しており、マイクロファーミングも展示させていただきました。振り返ればお客様が熱視線を送られ弊社スタッフが対応している様子が記憶に焼き付いています。

多くのお客様にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。
ハンナ・ジャパンは農業従事者のみなさまを測定器でお助けする存在として、これからも社員一同尽力して参ります!

2022年3月7~9日にインテックス大阪で開催される農業weekにも出展予定でございますので、次こそはハンナブースを来訪したいというお客様、心よりお待ちしております。

農業向けの測定器一覧
農業向けスペシャルサイト
もご用意していますので、併せてご覧ください。
気になる製品やご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。(TEL:043-216-2601)


以下は、農業week出展のご案内記事になります。

目次


弊社ブースのご案内

  第6ホール 農業資材EXPO


ハンナの主な出展製品

以下に、今回ハンナ・ジャパンが満を持して出展する測定器たちをご紹介します。


【人気】土壌pH&EC計/ソイルテストブラザーズ

土壌のpH(酸性度)とEC(肥料濃度)を見たい時に、その場で見れる。これがソイルテストブラザーズの最大の特長です。
根回りなど見たい場所を、その時に測定できる。
ぱっと数値で見れるため安心!
土壌だけでなく液体も測定できるため、水耕栽培でも活躍!
ソイルテストブラザーズの詳細はこちら

【定番】液肥のpH、EC、温度を同時測定/HI 9814D

1mケーブルの電極付きで液肥のpH、EC、温度を同時に画面表示。どの角度で測定しても画面は見やすく操作性も◎
pHとECを1つの標準液で校正できることも大きな特長です。通常はpHとECでそれぞれ校正を行いますが、その手間を半減できます。
HI 9814Dの詳細はこちら



使い勝手の良い液肥管理の定番製品です


【オススメ】液肥・土壌の成分分析に!/多項目吸光光度計

液肥の成分を手軽に測定できる多項目の吸光光度計です。窒素、リン酸、カリウムのほかカルシウム、マグネシウム、鉄、モリブデンなど様々な項目に対応。本器では液体を測定しますので、土壌を直接測定することはできません。しかし、ライシメーターを使い土壌から溶液を抽出することで、土壌分析も行えます。
多項目吸光光度計(HI 83300)



分析機関に出すことなく、現場でチェックするのにぴったりです


1.5秒で測定できる糖度計/HI 96811

果物や野菜、ジュースやジャムの糖度(% Brix)を1.5秒でぱっと測れます!測定部にサンプルを2滴垂らしボタンを押すだけなので、どなたでも素早く簡単に測定できます。
HI 96801(0.0~85.0% Brix)、HI 96811(0.0~50.0% Brix)


【NEW】液肥タンクのpH、ECコントローラー/肥料管理くん

肥料管理くんは液肥タンクのpH、ECを管理するコントローラーです。
ポンプ機能がありながらコンパクト
新規はもちろん、既設の更新にもオススメ!
そして、圧倒的なコストパフォーマンス!
2021年のNEW製品ですが、着実に実績を増やしています。今、オススメの1台です!
pHコントローラー(HI 981412)
ECコントローラー(HI 981413)



pHとECの設置例。コストパフォーマンスには自信あります。


トランスミッター(pH、ECセンサー)/HI 98143

pH、ECトランスミッターは出力可能なセンサーとして利用されています。パネル設置型で、接続したpH、ECセンサーから直接信号を受信します。出力信号は4-20mA、0-1V、0-4Vに対応。土壌突き刺し型のpH電極を接続し、土壌pHセンサーとして使用されることもあります。(詳細はお問い合わせください)
GPECではIoTに関連した製品も多く、そういった方向けの製品でもあります。
トランスミッター(HI 98143)



電極や配線を組み合わせたイメージ


ミニコントローラー(BLシリーズ)/HI 981411

ミニコントローラーは省スペースのコンパクトさが特長です。ポンプや制御装置に接続し、設定したセットポイントを下回った時や上回った時に信号を送ります。
農業分野でも長年に渡り活躍している製品です。DO(溶存酸素)もあります。
pHミニコントローラー(BL 981411)
ECミニコントローラー(BL 983317/983327)
DOコントローラー(HI 8410)



スマホと比較したサイズ感(左がEC、右がpH)


格安でお試し!レンタルサービスのご案内

ハンナジャパンでは、使い方をサポートする安心のレンタルサービスをご用意しています。
『購入はちょっと・・・』
『まずはちゃんと測定値を確認したい!』
そんな方はぜひ一度お問い合わせください!⇒レンタルお問い合わせフォーム

人気製品のレンタル料はこちら!
土壌pH&EC計/ソイルテストブラザーズ⇒2週間→¥3,000
液肥・土壌の成分分析器/多項目吸光光度計HI 83300⇒2週間→¥10,000
 ※測定に必要な試薬代は別途必要です。
糖度計⇒2週間→¥1,000


展示会場から生配信

【インスタライブ】
●日時
10月13日 (水) 10:00~ ・ 16:00~ (1日2回/約30分)
10月14日 (木) 10:00~ ・ 16:00~ (1日2回/約30分)
10月15日 (金) 10:00~ ・ 16:00~ (1日2回/約30分)

●インスタライブアカウント
@hanna_instruments_japan (ハンナ・ジャパン公式アカウント)

●内容
1番人気の土壌pH、EC計の実演など農業に関わる測定器をご紹介します。製品の使い方はもちろん、気になることの質問にもお答えしますのでぜひご覧ください!


【バーチャル対応】
●対応方法
Facetime、Zoom、LINEのいずれか

●日時
10月13日 (水) 10:00~16:30 
10月14日 (木) 10:00~16:30
10月15日 (金) 10:00~16:30
※全日程15分枠/1名 

●対象者
ハンナ製品に興味があり、ご購入を検討中の方

●内容
個別相談会という形です。営業担当がマンツーマンで実演含めご説明致します。気になる製品がありましたら事前にお知らせください。


農業向けの測定器ならハンナ

例年、土壌ダイレクトpH計、EC計がメインにはなっていますが、今年はワンランク上の測定器たちにも注目です!
ハンナでは現場測定に適したpH・EC計や糖度計など多数ご用意しています。
農業向けの測定器一覧
農業向けスペシャルサイト
もご用意していますので、併せてご覧ください。
気になる製品やご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。(TEL:043-216-2601)