農業もデジタル管理へ。JA福山市さんと土壌診断勉強会を行いました!

福山市について

4月20日に広島県福山市のJA福山市さま(福山市農業協同組合)にて、土壌診断勉強会を実施させていただきました。本記事は勉強会の様子を報告いたします。

広島県の東部に位置するJA福山市の管内は年間を通じて安定した気候でありブドウやトマト、クワイ、ホウレンソウ、白ネギなどの農産物が有名です。そんな福山市で農業を支えるJA福山市さんとハンナがつながりを持つきっかけとなったのが、日本農業新聞で紹介された弊社の土壌pH・EC計でした。

JA福山市さんは現在、営農指導体制の充実・強化を打ち出されております。数字データなど根拠に基づいた土壌診断を通じて農業従事者さまの活躍を拡大させる想いがありました。同様にハンナとしても測定を通じてユーザーさまの一助になるという想いがあり、双方の想いが共鳴し今回の勉強会開催につながりました。


勉強会の様子

当日は約10名の営農指導員さまにお越しいただき、pH(酸性度/水素イオン指数)・EC(電気伝導度)に関する基礎知識から始まり、使用方法、メンテナンス方法など土壌診断に必要な知識を、現場で実際に使用しながら一緒に勉強させていただきました。


まずは測定原理やメンテナンス方法について座学で解説。


その後は圃場で測定の実践。「刺したら数字が出るし、簡単でいいね!」という声を頂戴できて何よりです。


今回の勉強会は日本農業新聞ひろしま版でもご紹介いただきました、ありがとうございます!


土壌ダイレクトpH・EC計

JA福山市さんを始め全国の農業従事者の方にご活用いただいている、土壌に直接突き刺して数値がすぐに表示されるpH・EC計がこちらです。


全国で活躍中

土壌ダイレクトpH、EC計は、他の地域のJA農協でもたくさんご使用いただいています。(全国に何百とあるJA農協の中ではまだまだ一部ですが) また、同様に多くの普及指導員の方、土壌医土づくりアドバイザー菜園アドバイザーの方にもご使用いただいており、日本全国で活躍してます。

普及指導員とは?
「普及指導員資格」という国家試験に合格し、協同農業普及事業に従事する都道府県の職員。農業者に対して農業技術の指導を行ったり、経営相談に応じたり、情報を提供し支援を行う専門家。普及指導センターは全国に約360ヶ所あり、普及指導員である職員は6,000名以上。(平成30年3月時点)

講習会にご興味ある方、お気軽にお問い合わせください

ハンナでは土壌診断勉強会をいつでも受け付けております。お気軽にお問い合わせください!
お問い合わせはこちらから



「今回勉強会を担当した鈴木です。普段は大阪出張所を拠点に関西以西地区をメインにサポートしています。好きな農作物は苺、週末の楽しみはサウナで整うこと」