いちご栽培にオススメのpH、EC計は?そもそも適正値ってあるの?

このページではいちごの高設栽培(養液土耕、水耕栽培)や露地栽培おける液肥や土壌のpH・EC測定器、成分分析器、糖度計を紹介しています。


いちご栽培で適正なpHやEC値ってあるの?

pH(酸性度)は 成育環境
EC肥料濃度
を知る指標として見られます。ですので、土壌や固形培地・養液のpHやECを把握することは、いちごの品質管理や安定供給の面で役立ちます。

ハンナは測定器のメーカーですが、いちごを含め作物のpHやECに適正値ってあるの?と聞かれることはあります。
しかし「これが適正値です!」と言うのはなかなか難しいです。やはり周辺環境や培地、施肥量、品種などによって条件が異なるためです。

とはいえ、目安であったり推奨として言われていることもあります。


土壌のpHは5.5~6.5が良い?

いちご栽培において土壌のpHは5.5~6.5ぐらいが適していると言われます。

なぜ、5.5~6.5pHぐらいが適しているの?
土壌のpHは生育環境の指標となるわけですが、栄養素を吸収しやすい環境として5.5~6.5pHぐらいが良いというわけです。

作物の生育に必要な栄養素には、作物体内に
約0.1%以上存在する多量要素
0.01%以下の微量要素
があります。

多量要素には窒素、リン酸、カリウム、カルシウム、マグネシウム、硫黄などがあり、微量要素にはマンガン、鉄、銅、ほう素、亜鉛、モリブデンなどがあります。
いずれも作物の生育には必要不可欠な栄養素です。


しかし、これらの栄養素は土壌のpHによって溶解度(溶けやすさ)が変化します。多くはpHが高くなる(中性からアルカリ性側)とその溶解度が低下し、作物の栄養不足を引き起こす原因となります。

中でも微量要素は弱酸性で溶解度が高くなります。そのため、土壌のpHは5.5~6.5ぐらいが良いと言われます。
以下は、主な栄養素におけるpHと溶解度の大きさを示したものです。


ちなみに、ハンナのお客様でも年々、それぞれの栄養素を調べたい方が増えていると感じています。ご興味ある方は、この後ご紹介する「栄養素の成分分析器」をご覧ください。


水耕栽培の液肥のECは・・・

養液土耕や水耕栽培などの高設栽培において、ECの適正値を一概には言うことは難しいです。生育段階に応じて0.5~1.2ぐらいという数値を目にすることもありますが、実際には液肥タンクの量、給液と排液のECの差、成育状況などその時の状況/条件によってEC管理も異なります。


品質管理、安定供給のためのpH・EC管理

生食でのいちごの消費量が世界一だと言われてきた日本では、競争は激しく、新しい品種も次々と開発され、常に進化を続けています。

香港や台湾、シンガポールなどへの輸出量も年々増加しており、日本産いちごの需要は拡大しています。

そういった背景もあり、品質管理や安定供給を目的とする上でpHやECの管理は大切です。もちろん、pHとECだけを見れば良いというわけではないですが、重要な要素ではないでしょうか。


さて、いちご栽培で活躍している測定器とは?

土壌や養液土耕(ヤシガラ培地など)、液肥タンクの管理で実際に使用されているハンナの測定器をご紹介しましょう。気になる製品ありましたら、お問い合わせフォームでもお電話(043-216-2601)でもお気軽にお問い合わせください!


定番水耕栽培のpH&EC計

1mケーブルの電極付きで液肥のpH、EC、温度を同時に画面表示。どの角度で測定しても画面は見やすく操作性も◎!
pHとECを1つの標準液で校正できる便利な機能もあり、使い勝手の良い液肥管理の定番製品です!
HI 9814Dの詳細はこちら
安心のメンテナンスキットが付いた購入ページはこちら

NEW肥料管理くん

肥料管理くん

上のHI 9814Dは持ち歩いて測定しますが、肥料管理くんは液肥タンクのpH、ECを管理するコントローラーです。
ポンプ機能がありながらコンパクト!
圧倒的なコストパフォーマンス!
2021年から登場したNEW製品です。
pHコントローラー(HI 981412)
ECコントローラー(HI 981413)

人気ソイルテストブラザーズ

ソイルテストブラザーズ

土壌のpHとECを見たい時に、その場で見れる。これがソイルテストブラザーズです!
根回りなど見たい場所を、見たい時に測定!
ぱっと数値で見れるため安心!
土壌だけでなく液体も測定できるため、水耕栽培でも活躍!
ソイルテストブラザーズの詳細はこちら
安心のメンテナンスキットが付いた購入ページはこちら


簡単3ステップ!土壌のpH、ECの測定方法↑



ハンナの営業マン(ハンナブラザーズ)による使い方説明(オススメ)↑


オススメ栄養素の成分分析器

栄養素の成分分析器

硝酸態窒素、リン酸塩、カリウムをはじめ、カルシウムやマグネシウム、鉄などの栄養素の分析はどうされていますか?

分析機関に出している方や簡易的な比色検査をしている方も多いと思いますが、「見たい時に、手軽に、数値で見れたらいいな」と思われたことはありませんか?

そういった方にはこの成分分析器(吸光光度計)がオススメ!肥料・種苗メーカーや試験場の方はもちろん、最近は農家の方にもご利用いただいています。

ちなみに、養液(液体)だけでなく土壌分析にも対応しており、幅広く活躍します!
成分分析器(HI 83300)の詳細はこちら


お問い合わせ急増糖度計

糖度計(屈折計)

糖度計(屈折計)の使い方はとっても簡単!
測定部に数滴垂らしREADボタンを押すだけ!
測定時間も約1.5秒であっという間!
校正も数滴の精製水や蒸留水で簡単に行えます。
頑丈なボディにIP65の防水機能付き。
糖度計の詳細はこちら
糖度計の購入ページはこちら


こういった情報もあります

農業向けスペシャルサイト
ハンナでは土壌のpHやECの測定方法や測定器の選び方などもまとめていますので、ぜひご覧ください。

ブログ
製品情報だけでなく、ユーザー様の訪問記などもご紹介しています。
【それゆけハンナマン】いちごやミニトマト栽培でのpH、EC管理
【ユーザー様にはココが好評】~多項目 吸光光度計編~

【最新版】農業向け測定器カタログ
上記以外にも、農業に関わる測定器を網羅しています。

ご不明点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。(TEL:043-216-2601)