沖縄展示会、初日!

今日から2日間(6月19-20日)、沖縄コンベンションセンター(宜野湾市)で「農水産業支援技術展」が開催されます。
この展示会では農業、養殖、食品関連の方が多く来場しますが、これらの業界はハンナでも大きく成長中です。というわけで、2人のハンナマン(ハンナの営業マン)が現地で奮闘しています!(展示会の詳細はこちら


会場の雰囲気

現場からリポートが届きましたのでお届けします。


ブースの感じ。ハンナマンがニャンって言ってます。
(後で聞いたらニャンではなくシーサーのマネだったようです…)


pH計を中心に吸光光度計、糖度計、温度計など。


養殖向けの測定器や農業向けのpH、EC計たち。


お客様にご案内中。
さすがハンナマン、製品の良さが伝わってくる気がします・・・


夜のニュースでも展示会のことは取り上げられていたようです。
偶然とはいえ、ここに映り込むところがすごい!


現場ではこんなお話ありました

実際にこういった方々が来場されました↓

農業
沖縄の特産品でもある菊やマンゴーの生産者の方。土壌に直接センサーを突き刺しpH、ECを測定できる製品が人気。生花の栽培・販売に関わる方は「今より品質を高めるためにpH、EC計も使って管理しないとね」と仰ってました。また、農業改良普及センターの方もご興味を持っていただいたようです。
土壌や養液のpH、EC計たち

水産養殖、畜産
ハタやエビの養殖に関わる方。養殖池の管理ではさまざまな項目見ることが多いですので、やっぱり投げ込み式の多項目測定器がご好評です。
畜産ではラグーンの水質管理を目的とした方もいらっしゃいました。(ラグーン:排水や畜産の糞尿などをラグーンという素掘りもしくはシートなどで遮水された処理池)
また、ナノバブル水やマイクロバブル水で酸素濃度を上げる装置の製造メーカー様も出展しており、その酸素量の確認として溶存酸素計にご興味を持っていただきました。
養殖やラグーンの水質管理で好評の多項目測定器
ナノバブル水やマイクロバブル水の測定も含め、今一番オススメの蛍光式 溶存酸素計

食品、飲料
泡盛やジュースの製造に関わる方。また牧場や乳業メーカーの方。酸度を測定されるということで滴定酸度計をご案内。ハンナ・ジャパンのインスタグラムでも牛乳やヨーグルトの酸度のことは書いてますが、ハンナの自動滴定器は高精度でありながらコンパクトかつ抜群のコストパフォーマンスの製品をご用意しており好評です!
食品製造に関わりpH計をご使用の方々。食品向けの電極なら半固形物でも測定できますのでご案内を。全国的に来年の東京オリンピックに向け、HACCPやそれに関連する認証の取得を急がれる方は多いはずです。品質管理でpH計や温度計自体を探されている方はもちろん、トレサビリティなど証明書を求められる方も増えています。ハンナのほとんどのpH計や温度計は対応できます!
滴定酸度計など(小型の自動滴定器)
pH計や温度計など食品向けの測定器たち

その他に、ごみ処理施設の排水のpH計を探してる方にもぴったりの製品をご案内しています。
排水向けの測定器たち


明日までやってます

ハンナでは実物を見ながら使い方などをご案内するほかに、測定器をご使用中の方にはその場で無償点検も行っています。(一部製品はお預かりする形となりますが)
展示会は明日(6月20日)までありますので、ご興味ございましたらご来場とハンナブースにお立ち寄りください!