【ブログ担当者が明かす】2021年の注目分野

2020年は全世界で大きな変化がありました。先行きが不透明な中、2021年もスタートしたわけですが、ハンナジャパンとしては、
ブレることのない軸
世の中の情勢や変化に対応する柔軟さ
を持ち活動していきます。

これも踏まえ、今年最初の記事として私が2021年に注目している分野/業界をお届けします。単に水質測定器メーカーというだけでなく、ハンナの強みや特長を知っていただくキッカケになれば幸いです。
それでは参りましょう!


農業

年々、農業分野においてハンナ製品は成長を続けていますが、2021年はNEW製品を大々的にご紹介します!私自身おもしろいと感じているそのNEW製品とは・・・
水耕栽培/施設栽培用のpH・ECコントローラー(肥料管理くん)です。

ポンプ機能付きで使いやすく、コンパクトサイズ、かつ優れたコストパフォーマンスが特長です。既設のシステムの更新にもオススメ!ご興味持たれる方は多いはずですので詳細ご覧ください。
pHコントローラー(HI 981412)
ECコントローラー(HI 981413)
2つ合わせて肥料管理くんツインズ(双子)としてご案内していきます!

その他、こういう製品もさらなる成長が見込まれます。
ソイルテストブラザーズ(土壌ダイレクトpH・EC計)
土壌や養液の成分分析器(吸光光度計)
コントローラー/プロセス製品
農業向けスペシャルサイト(測定器の一覧ページもあります)


消毒・除菌

世界規模で衛生管理や感染症対策に関わる商品の需要が激増していますが、測定器に関しても必要とされる方は増えています。
やはり新型コロナウィルス関連が中心ですが、インフルエンザ、ノロウィルス、レジオネラ症防止など衛生管理のための消毒液・除菌水などの濃度測定はとても重要です。製造/開発、品質管理、使用現場での濃度チェックにおける測定の需要は絶えることがありません。


次亜塩素酸水向け:オススメの塩素濃度&pH計
残留塩素計:使い方に合わせてご用意
銀の測定器:除菌・抗菌作用のある銀
二酸化塩素の測定器:水処理の消毒剤としても利用される二酸化塩素
オゾンの測定器:強力な酸化力により除菌や脱臭に利用されるオゾン
強アルカリ水(pH/ORP計一覧):洗浄液としても利用される強アルカリ水のpHやORP(酸化還元電位)


水産養殖・アクアリウム

養殖池の水質管理を行う方からのご相談は年々増えており、データ管理のため電極投げ込み式の測定器成分分析器(吸光光度計)、溶存酸素計(蛍光式)が人気です。
よく見られているブログ記事:ベトナムでのエビの養殖


アクアリウム(淡水/海水水槽)向けの測定器は個人の方のホビー用途としても人気です。pHや塩分濃度計はもちろん、アルカリ度、リン酸塩、硝酸、カルシウムのデジタルチェッカーなら、ぱっと数値で見れる安心感・信頼感が最大の特長です。目視で色の濃さを見る方は多いですが、ワンランク上の水質管理を求める方は年々増えている印象です。
ブログ:水槽の水質管理ならハンナ


ワイン

2020年から本格的にご案内しているワイン分析用の自動滴定器 HI 901Wは今年も注目です。亜硫酸、滴定酸度、ホルモール窒素、pH、揮発酸、還元糖の測定が可能なプロフェッショナル向けの1台です!
ブログ:All in Oneのワイン用自動滴定器
製品一覧:いろいろあります、ワイン用測定器

2021年もチャレンジしていきます!

その他に食品業界排水関連も興味深いですが、ハンナ・ジャパンは2021年も積極的に新しい取り組みをしていくつもりです。みなさまのお役に立つ製品やサービス、情報をご提供できるよう努めて参ります!!

測定に関するお困りごとなどがございましたらお気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちらから
お電話もお待ちしております。(TEL:043-216-2601)